フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(37) バイリンガル脳は認知症になりにくい | トップページ | いろいろ(39) リリカルな文章 »

2010年10月17日 (日)

いろいろ(38) 「重いコンダラ」を引く私

♪思いこんだら試練の道を~♪というのはかの有名な「巨人の星」の主題歌の出だし。で、星飛雄馬がグランドの整備につ使う重いローラーを引いている場面にその歌が重なるから、TVアニメを見ていた良い子はみんなそのローラーが重い「コンダラ」という名だと思った、というのも有名な話。

で、なんでそんな話になるかというと、今、エディスの詩の訳のチェックをしていて、結構、読み違い・思い違いしていたことに気づいたので。。「大理石の耳」を「白黒のごちゃまぜ」と読んだ私って、、、コンダラが重過ぎるわっ。

まあ、それにしてもエディスの詩は日本語にするとわかんなくなるのよねぇ。。原語だとなんとなく分かる気がするのだけれど。ま、一晩寝てコンダラを片付けて明日また読み直そう。。

« いろいろ(37) バイリンガル脳は認知症になりにくい | トップページ | いろいろ(39) リリカルな文章 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

エディスさんの本は完成したら日本の一般の書店でも買えるようなものなのでしょうか?日本語のフィンランド音楽の本でも「関係者のみ」ってのもありますね。関係者って何?と思うのですが。

はい。買えます。
買ってください♪
宜しければ日本に行ったときにサイン等もいたします<suomestaさんゑとか
12月25日か1月25日か(なぜか25日)くらいに発行されるのではないかと思います。
詳細決まりましたら、堂々とここで宣伝しちゃおうかと思ったりもしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/49763818

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(38) 「重いコンダラ」を引く私:

« いろいろ(37) バイリンガル脳は認知症になりにくい | トップページ | いろいろ(39) リリカルな文章 »