フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(34) 「とかげ」 | トップページ | いろいろ(36) お茶ダイエット »

2010年10月10日 (日)

いろいろ(35) 似てるかな?-宮沢賢治とエディス・セーデルグランno1

「未来圏からの影」

1925年2月15日

   吹雪(フキ)はひどいし

   けふもすさまじい落磐

     ……どうしてあんなにひっきりなし

       凍った汽笛(フエ)を鳴らすのか……

   影や恐ろしいけむりのなかから

   蒼ざめてひとがよろよろあらはれる

   それは氷の未来圏からなげられた

   戦慄すべきおれの影だ

(宮沢賢治、『春と修羅』第二集)

**********************

 

「未来の影」

死の影を感じる

私たちの運命が

ノルノルのテーブルの上で山をなしているのを私は知っている

永遠の時間の本に書き込まれないものは、

雨一滴も土にしみこまないことを私は知っている

私は太陽が昇るのが自明であるように、

彼女が天頂に立つ、その行き詰る瞬間を

私は絶対に見ることができないことを良く知っている

未来は私に幸福な影を投げかける

それはあふれる太陽以外の何者でもない

光に突き抜かれて私は死ぬだろう

間違って私の足で踏みつけてしまったから

私は微笑んで人生に背を向けるのだ

(エディス・セーデルグラン、’Framtidens skugga’i ”Framtidens skugga”1920)

« いろいろ(34) 「とかげ」 | トップページ | いろいろ(36) お茶ダイエット »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/49705758

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(35) 似てるかな?-宮沢賢治とエディス・セーデルグランno1:

« いろいろ(34) 「とかげ」 | トップページ | いろいろ(36) お茶ダイエット »