フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(18) ミレニウム映画のその後 | トップページ | 北欧の詩(120) 「慰め」 »

2010年8月23日 (月)

いろいろ(19) 「ゴールデンスランバー」と「ロード・オブ・ザ・リング」

スウェーデンの夏のTVは再放送ばっか。で、てっとりばやいのは映画。というわけで3チャンネルでは金~日の3日連続で「ロード・オブ・ザ・リング」を放映している。今晩は最後の「王の帰還」で、21時から25時まで。ということは30分はコマーシャルなのね。昨日の第二部も最後の方は10分おきにコマーシャルだったし。。ま、レゴラスが魅力的だから許す♪

週末読書は井坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」。国家権力の陰謀に巻き込まれた主人公の逃走、というのはミレニウムにもちょこっと繋がるし、整形して生き延びる、というのは例の市橋容疑者の事件と重なる感じも。市橋容疑者は捕まっちゃったけど。

井坂幸太郎の小説はこれまで文庫本で何冊か読んでいたけれど、これは単行本のせいかちょっと重たくてまじめな感じも。でもいつもながら時間と場面のフラッシュバックがちょっとわずらわしい。ゴールデンスランバーというビートルズの曲は覚えてないな。ビートルズといえばやっぱりLet it beかThe Long and Winding Roadだなぁ、ワタクシ的には。

さー、4時間のTV映画鑑賞に備えてちょっと体力を温存しておかねば。

« いろいろ(18) ミレニウム映画のその後 | トップページ | 北欧の詩(120) 「慰め」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/49224315

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(19) 「ゴールデンスランバー」と「ロード・オブ・ザ・リング」:

« いろいろ(18) ミレニウム映画のその後 | トップページ | 北欧の詩(120) 「慰め」 »