フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(14) バレエ鑑賞海外旅行計画挫折 | トップページ | いろいろ(15) 「アバノの再会」と腰痛 »

2010年8月11日 (水)

北欧の詩(119) 「夜明けに」

「夜明けに」

人よ、人よ、

天から雨が降ってくるように

私は地から立ちあがる。

祝福された私の目は星を見、

私は右手に稲妻を捕える、

力、力が私の唇から溢れ出る。

運命が私に上ってくる太陽を引き合わせる。

私達の周りの広がりに挨拶をする-

新しい一日が動き出す。

   エディス・セーデルグラン Edith Södergran(フィンランド、1892-1923)、'Vid Soluppgång' i "Framtidens skugga" 1920

« いろいろ(14) バレエ鑑賞海外旅行計画挫折 | トップページ | いろいろ(15) 「アバノの再会」と腰痛 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/49120798

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(119) 「夜明けに」:

« いろいろ(14) バレエ鑑賞海外旅行計画挫折 | トップページ | いろいろ(15) 「アバノの再会」と腰痛 »