フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(96) 「病気の日々」 | トップページ | 北欧の詩(98) 「おお、天の清澄よ」 »

2010年7月10日 (土)

北欧の詩(97) 「権力」

「権力」

私は命令する力だ。私についてくる者はどこにいる?
最も偉大な者でも夢の場所では盾を持つ。
私の目の中に狂喜の力を見る者はいないのか?
理解する者はいないのか、私が低い声で近しき者に軽い言葉を投げるときに?
私はどの法にも従わない。私自身が法である。
私は奪う人間である。

エディス・セーデルグラン Edith Sodergran (フィンランド、1892-1923)
 'Makt' i ''Framtidens skugga'' 1920

« 北欧の詩(96) 「病気の日々」 | トップページ | 北欧の詩(98) 「おお、天の清澄よ」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48842770

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(97) 「権力」:

« 北欧の詩(96) 「病気の日々」 | トップページ | 北欧の詩(98) 「おお、天の清澄よ」 »