フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(85) 「私は歌ってきた。。」 | トップページ | 北欧の詩(87) 「囚われの身」 »

2010年7月10日 (土)

北欧の詩(86) 「雷」

「雷」

雲に包まれているあなた、雷
青い稲妻が私には見える
いつ姿を現すの?
雷、祝福されたあなた、
雷鳴を充電した、豊饒の、清めるもの
私はあなたを待ち焦がれている
私の体はぼろ布に似て横たわる
かつて電気の手に捕らえられたもののように
地上のすべての鉱物よりも硬く
ねえ、雷を送って

 エディス・セーデルグラン Edith Sodergran(フィンランド、1892-1923)
 'Blixten' i “Alvdrottningens spira och andra dikter” 1920

« 北欧の詩(85) 「私は歌ってきた。。」 | トップページ | 北欧の詩(87) 「囚われの身」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48842690

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(86) 「雷」:

« 北欧の詩(85) 「私は歌ってきた。。」 | トップページ | 北欧の詩(87) 「囚われの身」 »