フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(83) 「秋について」 | トップページ | 北欧の詩(85) 「私は歌ってきた。。」 »

2010年7月10日 (土)

北欧の詩(84) 「滝」

「滝」

私の心を締め付ける創造の苦しみ
私の周りに雲がかかり、私は口でそっとキスをする
雲は私から出て行こうとするなにかなのかしら

今日、占い師のところへ行きたい
あなたの手を挙げ、私の未来を見せて
あなたの二つの目は鉄のようだわ

ああ、あなた、轟々と溢れる意欲の滝
あなたの岸を流れる泡は圧迫された思考
轟々と、押し寄せる滝、あなたは問いかける必要もない
永遠に変わらない賢さが何千ものとんぼ返りをうつ
陰鬱な賢さ、あなたは魅惑的であり、過剰だわ

 エディス・セーデルグラン Edith Sodergran(フィンランド 1892-1923)
 'Vattenfallet', i “Framtidens skugga”(1920)

« 北欧の詩(83) 「秋について」 | トップページ | 北欧の詩(85) 「私は歌ってきた。。」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48842673

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(84) 「滝」:

« 北欧の詩(83) 「秋について」 | トップページ | 北欧の詩(85) 「私は歌ってきた。。」 »