フォト
無料ブログはココログ

« バイキングの娘(7) おまじない~金貨の歯~ | トップページ | バイキングの娘(9) おまじない~しゃっくりの止め方~ »

2010年7月11日 (日)

バイキングの娘(8) おまじない~不幸の鍵~

~不幸の鍵~

「あちゃあ、またやってしまった…」
家の近くの市民プールから帰ってきた私は手提げの中をごそごそ捜して、鍵を持って出るのを忘れたことに気づき途方に暮れた。アパートの入り口は午後9時に閉まってしまい鍵なしには入ることができない。つまり私はしめだされてしまったのだ。プールに行くだけのための外出なので水着と着替えのほかはなにも持っていないから、電話をかけて家族にあけてもらうこともできない。
「どうしよう…」
と溜息をつきながら入り口と反対側の中庭の方に回ってみると幸運なことに1階の住人がベランダで煙草を吸っていた。彼女は私がドジで締め出されたのを一目で見てとって、入り口に回りなさいというジェスチャーをしてくれた。
「ありがとう」
「よくあることだからね」
「おやすみなさい」
という会話をしてから2階の自宅に戻り、ゆっくりとくつろいでテレビを見ていた連れ合いに
「可愛い妻の苦境にのほほんとテレビを見ているなんて、あなたは私を愛してないのね?!」
と文句を言った。もちろん窓の下でどんなに叫んだところでテレビの音で外から呼ぶ声はかき消されてしまうし、今回は彼の名を呼ぶ前に喫煙家の救世主に助けられたのだけど。
「で、鍵は?」
「どこかしら?」
台所のテーブルの上に置き去りになっていた鍵を見て連れ合いが言った。
「ああ、テーブルの上に鍵を置くから良くないことが起こったんだよ」
「ああ、そうかもね」
と私も納得する。鍵をテーブルの上においてはいけない、というのはたしか彼の両親に教えてもらったのだと思う。
「どうして?」
ときいても
「うーん、そういうことになっているから…」
という答しか返ってこなかったけれど、まあ普通に考えても出しっぱなしにしておいた鍵は盗まれたり床に落ちてどこかに消えてしまったりするかもしれないから、ちゃんと閉まっておくべきなのだ。

« バイキングの娘(7) おまじない~金貨の歯~ | トップページ | バイキングの娘(9) おまじない~しゃっくりの止め方~ »

バイキングの娘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48847740

この記事へのトラックバック一覧です: バイキングの娘(8) おまじない~不幸の鍵~:

« バイキングの娘(7) おまじない~金貨の歯~ | トップページ | バイキングの娘(9) おまじない~しゃっくりの止め方~ »