フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(71) 「海辺のヴェランダで」 | トップページ | 北欧の詩(73) 「未来の影」 »

2010年7月10日 (土)

北欧の詩(72) 「月の秘密」

「月の秘密」

月は知っている・・・血が夜にここで注がれることを
湖の上に架けられた銅の軌跡に一つの英知が進んでくる:
死体は美しい岸のハンノキの間に横たえられると
月はその一番綺麗な光をその類希な岸に投げかける
風は起床の角笛の如く松の間を走る:
この孤独の岸でなんと地上は美しいことか

 エディス・セーデルグラン Edith Sodergran (フィンランド1892-1923)
 ”Manens hemlighet” ur ”Septemberlyran”(1918)

« 北欧の詩(71) 「海辺のヴェランダで」 | トップページ | 北欧の詩(73) 「未来の影」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48842602

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(72) 「月の秘密」:

« 北欧の詩(71) 「海辺のヴェランダで」 | トップページ | 北欧の詩(73) 「未来の影」 »