フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(64) 「エピローグ」 | トップページ | 北欧の詩(66) 「薔薇」 »

2010年7月 7日 (水)

北欧の詩(65) 「聖歌」

「聖歌」

一日が空の端にはっきりと立つ
目覚めよ、目覚めよ、私の美しい国!
主の力がお前の塀を囲む。
お前の道を公正に歩め、
そしてお前の入り口を正しき道へ!

春が暗闇と氷から立ち上がる。
目覚めよ、心よ、神を讃えよ!
主よ、主よ、苦しむもの全てを慰めたまえ。
我等を貴方の愛へと運び、悲しみの涙を乾かしたまえ、
目覚めよ、精神よ、太陽と春へ!

ザハリアス・トペリウス (Topelius, Zacharias 、1818-1898、フィンランド)
‘Hymn’1894年5月16日

« 北欧の詩(64) 「エピローグ」 | トップページ | 北欧の詩(66) 「薔薇」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48817730

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(65) 「聖歌」:

« 北欧の詩(64) 「エピローグ」 | トップページ | 北欧の詩(66) 「薔薇」 »