フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(63) 「大きな庭」 | トップページ | 北欧の詩(65) 「聖歌」 »

2010年7月 7日 (水)

北欧の詩(64) 「エピローグ」

「エピローグ」

おやすみ-良い夢を、
貴方達、放浪するものよ。
私達は歌い終え、別れる-そしてもう
再び会うことは無い。
私はなにか小さな貧しい言葉を語った
私の中で燃えていたもの、もうすぐ燃え尽きるものについて、
けれどもそこに在った愛については語らなかった、
堕落が知らなかったものについては-
おやすみ-良い夢を。

ダン・アンデション(Dan Andersson、スウェーデン、1888-1920)’Epirog’ i ”Efterlämnade dikter’

« 北欧の詩(63) 「大きな庭」 | トップページ | 北欧の詩(65) 「聖歌」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48817723

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(64) 「エピローグ」:

« 北欧の詩(63) 「大きな庭」 | トップページ | 北欧の詩(65) 「聖歌」 »