フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(51) 「私は夢見ていた。。。」 | トップページ | 北欧の詩(53) 「動物の賛歌」 »

2010年7月 7日 (水)

北欧の詩(52) 「出会い」

「出会い」

三人の乙女が手に手をとって広い野原を歩いていた
彼女達は鎧兜にしっかり身を包んだ騎士に出会った
一人目の乙女は腕を伸ばした:愛よ、来て!
二人目の乙女はひざまずいた:死よ、私を見逃して!
三人目の乙女はきびすを返した:町へ続く道は右の方よ

 エディス・セーデルグラン、Edith Södergran(フィンランド、1892-1923)
 Ett möte, i ”Landet som icke är” (1902)

« 北欧の詩(51) 「私は夢見ていた。。。」 | トップページ | 北欧の詩(53) 「動物の賛歌」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48817617

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(52) 「出会い」:

« 北欧の詩(51) 「私は夢見ていた。。。」 | トップページ | 北欧の詩(53) 「動物の賛歌」 »