フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(36) 「トムテン」 | トップページ | 北欧の詩(38) 「三姉妹」 »

2010年7月 5日 (月)

北欧の詩(37) 「インドラの娘への最後の言葉」

「インドラの娘への最後の言葉」

さあ行かなければ、、お別れの時だ、、
友と別れる時、好きな場所から去る時
愛するものから引き離される時
怒りが湧き起こってくる時
ああ、私は今すべてのものの悲しみを感じる
人は皆そういうものなのだ
以前は気にもとめていなかったものにさえ
懐かしさを感じる
怒りなど覚えなかったものにさえ
去りたくもあり、、留まりたくもある
心の半分はそのように引き裂かれる
思いは二頭の馬の間で擦切れる
背反の思い、、不決断、、不調和、、

  オーガスト・ストリンドベリィ (August Strindberg, 1849-1912,スウェーデン)
  ”Ett Dromspel”、1902

*戯曲の最後に登場人物の詩人が詠じる詩です

« 北欧の詩(36) 「トムテン」 | トップページ | 北欧の詩(38) 「三姉妹」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48801278

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(37) 「インドラの娘への最後の言葉」:

« 北欧の詩(36) 「トムテン」 | トップページ | 北欧の詩(38) 「三姉妹」 »