フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(25) 「秋の日々」 | トップページ | 北欧の詩(27) 「新年の鐘」 »

2010年7月 3日 (土)

北欧の詩(26) 「新年」

「新年」

輝く雪の羽をもってひゅうひゅうとやって来る新しい年よ
きらきらする陽光に最も厳しい風を混ぜるものよ
乙女の頬にさらに多くの燃えるバラを灯すものよ
死にゆく者の胸をさらに強くかき抱くものよ
私は輝く雪の羽根を持つ新年の君を歓迎しよう

おお、すべての世界に、終にあのころの時を与えよ
神がまだ水と土地を分けたまわなかったころの
動物の目がまだ宇宙の青を眺めていたころの
弱者がまだ獣の足や人間の手で引き裂かれなかったころの
愛がまだ魅惑的で打ち砕くものでなかったころの
おお、すべての世界に終にあのころのときを与えよ

 ダン・アンデション Dan Andersson (スウェーデン、1888-1920)
 'Ny år', i ”Dikter”

« 北欧の詩(25) 「秋の日々」 | トップページ | 北欧の詩(27) 「新年の鐘」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48786897

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(26) 「新年」:

« 北欧の詩(25) 「秋の日々」 | トップページ | 北欧の詩(27) 「新年の鐘」 »