フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(19) 「お前の悲しみはお前のものだ」 | トップページ | 北欧の詩(21) 「ニーチェのお墓で」 »

2010年7月 3日 (土)

北欧の詩(20) 「母。」

「母。」

君が何かおいしいものを欲しければ、わが子よ、彼女は君の言うとおりになにかくれるだろう。
君が遊びたければ、小さな友よ、彼女は喜んで君と遊ぶだろう。
彼女のところへ行け、君が何かに悩んでいるのなら:彼女は君の痛みをやわらげてくれるだろう
彼女のところへ行け、君が疲れているのなら、そして彼女の心のそばで眠れ

 ヴィクトル・リードベリィ、Viktor Rydberg (スウェーデン、1828-1895)
 'MODERN.' ur ”Dikter, andra samlingen”

« 北欧の詩(19) 「お前の悲しみはお前のものだ」 | トップページ | 北欧の詩(21) 「ニーチェのお墓で」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48786853

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(20) 「母。」:

« 北欧の詩(19) 「お前の悲しみはお前のものだ」 | トップページ | 北欧の詩(21) 「ニーチェのお墓で」 »