フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(16) 「子守唄」 | トップページ | 北欧の詩(18) 「黒いバラ」 »

2010年7月 3日 (土)

北欧の詩(17) 「ある愛の歌」

「ある愛の歌」

僕は愛を金で買った
僕には他に方法がなかったから
美しく歌っておくれ、耳障りのする弦で
美しく歌っておくれ、それでも愛について

決して実現することのない夢
夢としてはとてもきれいな
エデンから呪われた夢
でもエデンはエデンなのだから

  グスタフ・フレーディング Gustaf Fröding (スウェーデン、1860-1911) ’En kärleksvisa’ i ”Grälstänk” 1898

« 北欧の詩(16) 「子守唄」 | トップページ | 北欧の詩(18) 「黒いバラ」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48786825

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(17) 「ある愛の歌」:

« 北欧の詩(16) 「子守唄」 | トップページ | 北欧の詩(18) 「黒いバラ」 »