フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(6) プリンス・オブ・ペルシャ | トップページ | いろいろ(7) スウェーデン一の日本レストランへ飛行機に乗っていく »

2010年7月22日 (木)

北欧の詩(118) 「そして今は夜。。」

「そして今は夜。。」

そして今は夜、尾根と湿原の上に

月は橋の傍らの家の上高くに。

小さな星が優しい灯台のように輝く

王座の下の青い海に、

星々は私達に愛と夢と春をもたらす

思慕と裏切りと産みの涙も

私達を狂人にする熱中も私達に与える、

高く褒め称えられ、歌に歌われ、そして待ち伏せの罠に満ちているもの。

ダン・アンデション(Dan Andersson、スウェーデン、1888-1920)、‘Och  nu var det natt…1918-1920  i Efterlämnade dikter

« いろいろ(6) プリンス・オブ・ペルシャ | トップページ | いろいろ(7) スウェーデン一の日本レストランへ飛行機に乗っていく »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48943656

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(118) 「そして今は夜。。」:

« いろいろ(6) プリンス・オブ・ペルシャ | トップページ | いろいろ(7) スウェーデン一の日本レストランへ飛行機に乗っていく »