フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(10) 「誰が舟を操れる?」 | トップページ | 北欧の詩(12) 「私が嘘つきであるのなら、、」 »

2010年7月 3日 (土)

北欧の詩(11) 「最初の」

「最初の」

沢の最初の泡が消え
春の最初の花がしぼむ
けれど、あなたの最初の恋は、若い心よ、
いつも長く生き続けるのだよ

 ヨハン=ルドヴィグ・ルーネベリィ Johan Ludvig Runeberg (フィンランド1804-1877)
 ur“Dikter”(1830)

« 北欧の詩(10) 「誰が舟を操れる?」 | トップページ | 北欧の詩(12) 「私が嘘つきであるのなら、、」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48786491

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(11) 「最初の」:

« 北欧の詩(10) 「誰が舟を操れる?」 | トップページ | 北欧の詩(12) 「私が嘘つきであるのなら、、」 »