フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(104) 「エロスへ」 | トップページ | 北欧の詩(106) 「ヘシオドスのアドバイス」 »

2010年7月10日 (土)

北欧の詩(105) 「神の母の薔薇」

「神の母のバラ」

神の母のかいなにはバラが一本ある。
その中の一枚の葉が
壊れた心を治す。
神の母のかいなにはバラが一本ある。
突き刺すような目をした者が微笑む-
燃える心を治してもらいたいのは誰?

 エディス・セーデルグラン Edith Sodergran (フィンランド、1892-1923)
 'Guds noders ros' i ''Septemberlyran'' 1918

« 北欧の詩(104) 「エロスへ」 | トップページ | 北欧の詩(106) 「ヘシオドスのアドバイス」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48842810

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(105) 「神の母の薔薇」:

« 北欧の詩(104) 「エロスへ」 | トップページ | 北欧の詩(106) 「ヘシオドスのアドバイス」 »