フォト
無料ブログはココログ

« 北欧の詩(103) 「タンタロス、お前の杯を満たせ」 | トップページ | 北欧の詩(105) 「神の母の薔薇」 »

2010年7月10日 (土)

北欧の詩(104) 「エロスへ」

「エロスへ」

エロス、すべての神々の中でもっとも無慈悲なあなた、
なぜあなたは私をこの暗い国に送り込んだの?
女の子が成長して
光から締め出され
暗い部屋の中に閉じ込められる。
私の心は幸福な星のようには空中をたゆたうことはない
あなたの紅い指輪の中に引き込まれる前は、
ねえ、私は手足を縛られているの、
触ってみて、私はいろいろ考えるよう強いられているの。
エロス、すべての神々の中でもっとも無慈悲なあなた:
私は逃げないわ、私は待たないわ、
私は獣のように苦しむだけ。

 エディス・セーデルグラン Edith Sodergran (フィンランド、1892-1923)
 'Till Eros i ''Landet som icke ar'' 1925

« 北欧の詩(103) 「タンタロス、お前の杯を満たせ」 | トップページ | 北欧の詩(105) 「神の母の薔薇」 »

北欧の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/48842805

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の詩(104) 「エロスへ」:

« 北欧の詩(103) 「タンタロス、お前の杯を満たせ」 | トップページ | 北欧の詩(105) 「神の母の薔薇」 »